E-shop

「オランジェット ・ソワレ」

一箱(約50g)    900円(税込)IMG_0468 (1)

一箱(約100g)       1,600円(税込)

 

クルティーヌが提案する、
大人の夜のためのオランジェット

詳しくはこちら

「ブール ド ネージュ」

雪の玉という意味です。クルティーヌのブールドネージュが立方体なのは、食感をよくするため。
長時間焼成し、しっかり中まで火を通してアーモンドの香りを際立たせています。IMG_9150

 

一袋 5個入り 300円 (税込)

「ヘーゼルナッツのクランブル 」

IMG_9612 クルティーヌで人気のヘーゼルナッツいりクランブルが買えるようになりました。

一袋 (約50g) 300円 (税込)

「ホロホロ鳥とシャラン鴨のパテ・オン・クルート」

 1枚 約180g
約 10cm   ×  8.5cm  ×  1.5cm              2.600円(税込)

IMG_1332

クルティーヌの料理には、その全てに、その細部まで、こだわりを詰め込んで出来上がります。

パテ・オン・クルートの生地にも、もちろんタイミングを計ってフィユタージュ生地を折り使用します。手間と時間がかかりますがやはりこの生地でないとこの美味しさにはなりません。ホロホロ鶏、ブリュゴー家のシャラン鴨、千代幻豚を使い、最高峰の名に相応しいパテ・オン・クルートに仕上げました。
中心に据えたフォアグラはしっとりと仕上がり、周囲の肉は地味に溢れて、周りのパイは芳醇なバターの香りと肉汁の旨味を吸ってえも言えぬ旨味を内包しております。

まずはフィユタージュ生地を折り。
d0275530_1724717

詰め、パイで包み、
IMG_6952

焼成
IMG_6955

45kgの食材が4Lの液体となる 琥珀色のコンソメ。
IMG_6956

惜しげも無く注ぎます。
IMG_6974

古典料理を代表する料理の完成。

IMG_1205

「美食家のブーダン・ノワール」

 1枚(約60g)  7,5cm  ×  5cm  ×  1,5cm      1,000円(税込)
IMG_0732

 詳しくはこちら

 

 

「クリスチャン・パラーのブーダン・ノワール 」

IMG_7097

1缶(800g) 5,400円(税込)
 世界一との呼び声の高い、元二つ星シェフが作るブーダン・ノワール。
フランスから届いた本物の味をお持ち帰りください。

缶の上下を缶きりで開けて、缶の蓋ごと押すと上から出てくるので、出た部分を缶の縁に沿って包丁でカットしてください。
IMG_8817

IMG_8813 IMG_8814 IMG_8819

「キャビア」

フランス産キャビア 18g  1瓶   3,000円(税込)

今では高級すぎて、あまり食べる機会のなくなってきたキャビア。
できる限りの低価格でご用意いたしました。
レストランで18gを食べた時のお会計をご想像ください。

夏のフリュイ・ド・メール(魚貝類の前菜盛り合わせ)のお皿などにキャビアが添えられたら最高ですね!

IMG_1243

「ブリオッシュ」

約  8cm   ×  8,5cm  ×  18cm      1,400円 (税込)

IMG_8804

「クルティーパン」

当店のディナーでのみご提供している自家製パンを、ご予約により、ご用意させていただきます。
基本的に、ディナーに合わせて焼き上げますので、17:30の焼きあがりとなります。ですので、17:30以降のお引き渡しとなります。当日にお買い求めの場合は、12:00(正午)までにお電話(03-6276-9938)にてご予約いただければご用意できます。(賞味期限は翌日の正午までとなります。)

クルティーパン              1個  80円(税込)

クルティーパン   “ねじれ”   1個  300円(税込)

詳しくはこちら

IMG_1008

 

「 阿佐ヶ谷文士珈琲カレー  」

IMG_7367IMG_7335
1袋(180g) 490円  (税込)

阿佐ヶ谷文士カレー 第2弾!

スパイスから開発した完全オリジナルのレトルトカレー。

阿佐谷カフェフレスコさんの美味しい焙煎挽きたて水出しアイスコーヒーを水の代わりに使った、とても力の入ったカレーです。その名も珈琲カレー。大正から昭和にかけて活躍した文豪たちが阿佐谷の喫茶店で執筆をしていたということで、当時ハイカラな文化として時代を席巻していたカレーと文豪たちが愛した喫茶の珈琲を融合させました。

「ギフト券」

 aaf410d7631d14a1922133401c65f750 1枚 10,000円(税込)

クルティーヌではコース料理に限定した「お食事ご優待チケット」を御用意しております。ギフトとして、又はお祝いの品として、大切な方々にクルティーヌの料理をプレゼントしてみては、いかがでしょうか。

566836244ca2c5cb6fb208fa34248e61
[裏面の注意事項]

・本券1枚で「クルティーヌのお任せコース」を1名様分、ご提供させていただきます。(飲料代は別途かかります)

 ・ご利用時にもご予約が必要になります。来店時当日のご提示では本券はご使用いただけません。

 ・ご予約の際には、お電話口にて表面に記載された番号と裏面の有効期限を予めお伝えください。

 ・当店の営業日、ご来店時の注意事項は当店ホームページをご覧下さい。

 ・当店では当日のキャンセルはキャンセル料が発生します。キャンセルの際は必ず前日までにご連絡ください。前日までに(前日が当店の休日であった場合は、恐れ入りますが休日の前の営業日とさせていただきます。)ご連絡いただけなかった場合、お手持ちのチケットはキャンセル料に代えさせて頂き、有効期限内であっても、こちらの処理で失効させていただきます。
・本券では他のコースなどにはご使用頂けません。
・裏面に有効期限の記載の無いもの、及び有効期限の切れたものは、いかなる理由があってもご使用いただけません。(購入日より1年間有効)
・本券の金券ショップ等での売買を固く禁じます。また、現金とのお引換えは致しておりません。
・本券と現金との使用は可能となっております。
・本券の盗難、紛失、又は滅失に関して、当店はその責任を負いません。
<Eshop     お支払い方法>
お支払いは お店にご来店頂くか、お振込にてお願いします。
(お振込先は ゆうちょ銀行、住信SBIネット銀行、三菱東京UFJ, 西武信金の中からお選び頂き、ご注文の際にお伝え致します。)
地方へのご発送も可能です。
ご注文、お問い合わせは   03-6276-9938  または  info@courtine.jp

仏テーブルナイフ 『ペルスヴァル』

「ペルスヴァル」とは、いま、世界中のグランメゾン(高級レストラン)が、テーブルに並べ初めている新進気鋭のナイフ会社です。日本でも多くの雑誌に取り上げられ、注目されています。

東京カレンダー 「ヴェリタ』      ・ウエブマガジン「OPENER」
「料理通信」               ・「料理通信2」

アラン・デュカスなどの三ツ星レストランをはじめ、世界中のシェフに愛用されているこの『ペルスヴァル』。それは刃物の街として有名なオーヴェルニュ地方ティエールのナイフ工房の名です。

2012年には、卓越した職人技、革新的な仕事をしている工房を取り上げるコンテスト「スター&メティエ」でグランプリを獲得し、以来日本のレストランでも愛用するシェフが増えてきました。

100年前に作られたアンティークの飾り絵皿とともにクルティーヌのテーブルに置かれ,皆様を迎えるテーブルナイフ「9.47」は、このブランドの代表作です。

パリの一ツ星レストラン「ラ メゾン クルティーヌ」のオーナーシェフであったイヴ・シャルルが、自らの料理にぴったりの理想のテーブルナイフを求め、遂には自分の手で完成させてしまったモデルです。崩れやすい野菜のテリーヌから肉厚のステーキまでストレスなくカットできてしまう理想のナイフです。ナイフの柄にはいろいろな素材が用意され、それぞれに美しいことはもちろん、重厚なものから、ポップなものまで、手触りや温度の心地よさや、持ち手に使用される木それぞれの香りまでも楽しめる、卓越した個性が光ります。

当然、合わせる『ペルスヴァル』のカトラリーにもこだわりが有ります。全てのカトラリーを語ると長くなるので、ここではフォークをご紹介。
まずは一般的なフォークを思い浮かべてください。
いろいろなフォルムがあるでしょう。持ちづらそうな細いものから、重そうなものまでありますね。そしてその先端に3つ股か4つ股のヘッドがあります。先端は四角く潰れ、栗を刺そうと思ったら刺さらず転がっていったなんていう思い出もあるかもしれません。
さて、3つ股よりも4つ股のカトラリーの方が使い安いのは分かります。刺したものが安定しやすいですからね。ですが、もし5本となると幅広になり口にあたってしまいそうです。
ペルスヴァルのフォークも4つ股。もちろん全て手仕事です。ここではその4つ股に着目してください。
まずは口にあたる両端の2本。先端を尖らせてからわざわざ先端を削り、潰して口内を傷つかぬように配慮してあります。そして、中央の2本は両端よりほんの僅かに短くしてから、先端を尖らせて食材にストレスなく刺さるようにし、かつ、口内にはその先端があたらないように作り上げているのが分かります。
次に、そのペルスヴァル独特のヘッドの角度とフォルムに着目してみます。
そのフォルムは、持ちやすさと食べやすさ、口へ運んだ時の軌跡の美しさと、フォークを口へ入れた時の食べ手の姿勢の美しさにまで考えを巡らした結果のヘッドの角度とフォルムです。その曲線美によるフォルムの美しさもさることながら、その匠の心づかいの美しさに心が魅かれます。これぞまさにのペルスヴァルが世界のシェフや、食通達に認められる所以ではないでしょうか。
最後に艶の有無。
ペルスヴァルのカトラリーのヘッドを御覧ください。艶やかに磨き上げられています。
しかし持ち手へ視線を移してゆくと徐々に艶は消され、最後は完全にマットな仕上がりとなります。(クルティーヌのカトラリーはもう4年以上も毎日使い続けているので、傷がついて全体的にマットになってしまっているので,この限りではなくなっていますが、丁寧に使い続ければその艶の有無は見てとれます。
大体のカトラリーは艶があるタイプか、艶を消したマットなタイプの2種類に別れます。しかし、ペルスヴァルは、1本のカトラリーに艶のある部分と消す部分を作りました。
では、なぜそうしたのでしょう。一番シンプルで、最小限の装飾という美しさを求めた結果なのでしょうか。
はい、それもあります。しかし、そこは使用者の視点と、カトラリーの本質に立って考えるとよりペルスヴァルの価値観に近づくことができるように思います。
そもそも、カトラリーとは何か、という事です。
当然それは食事を口に運ぶためのものということになります。ですので、その先端は料理とともに口に入ることとなります。そのヘッドにおいて一番大切にすべきポイントは、清潔か、否か、ではないでしょうか。
ヘッドに艶がある。それは清潔を一番大切にしているが故に生まれる自然な配慮なのです。
では持ち手の方はどうでしょう。もし仮に手で触れる場所が、艶やかでありすぎたならば、使用したあとに指紋が浮き上がってしまうのではないかという心配を抱える紳士淑女がいないとは限りません(だいぶ大げさですが、真面目な話です(笑)。そしてその心配事や、その状況は、決してスマートな食事にあるべき心境であったり、スマートなワンシーンであるとは言えません。
そこで、「艶を消すことによりその心配事を根本から除いた」という結果が生まれるのです。
はたして、皆様は過去使用してきたカトラリーで、このように、配慮から艶の有無をコントロールしたカトラリーに出会ったことがあるでしょうか。
その配慮が美しさにいっそう磨きをかけているという事実。
あまりにも当たり前のように、理からもたらされた洗練と美が、同時に形となり、そこにある。それがペルスヴァルなのです。
ペウルスヴァルの職人達は彼らが携わる全てのものの細部にわたってこだわりを光らせます。細かくひとつひとつ説明していては読むのが大変なので端折りますが、彼らは、材質から、その曲線のライン、持ち手の温度と香り、角度、艶の有無、切れ味、長さ、重さ、重心にいたるまで、すべてに意味を与え、また、その意味に最高の技術で応える世界唯一の工房ということになります。
今までのカトラリーは、ただ、美しさ、テーブルの装飾の美として洗練されてきました。ですが、ペルスヴァルは、原点に真摯に向き合いました。
料理を切るため、食事をするために最高のカトラリーとナイフを追求する。そして、その過程において美しさも追求する。
極端にいえば、「ナイフや、フォークの本分を最高のレベルで全うさせるために追求するということを続けた結果得られたのが、そのフォルムの美しさであった」ということなのだと思います。
世界で語られる「ペルスヴァルの前にペルスヴァルなし」という言葉はまさにその象徴と言えるのではないでしょうか。
クルティーヌの全てを注ぎ込んだ料理をお召し上がり頂くためには,このカトラリーしかない、と思います。
Percevalオーナーのイヴ・シャルルは、元々はパリ14区の一ツ星レストラン「ラ・メゾン・クルティーヌ」のオーナーシェフでした。
切れ味のよいテーブルナイフを探し求め、彼が出会ったのが、中世の時代から刃物の街として栄えるオーヴェルニュ地方ティエールの、Percevalの折り畳みナイフ [T-45]です。テーブルナイフの開発を依頼したものの難易度が高く、自らがPercevalのオーナーとなり一流のナイフ職人と研究に着手してもう10年近く。究極のナイフ作りが行われる工房の様子とその切れ味を移した動画があります。ぜひご覧ください。

「時代を切り拓くナイフ」

「ペルスヴァルの切れ味」 ← クリックするとその切れ味を動画で確認出来ます。

美しいそのフォルム。
『ル・フランセ』
knife_lefrancais_img-1
『ラドレ』ダマスカス仕様
306519_10150934143221714_2133270701_n
『ル・グラン』ダマスカス仕様
532434_10150924643476714_1972184823_n

あらためて、最初に戻りますが,フランス料理界の重鎮アラン・デュカスや、アラン・サンドランスのレストランにも採用され、パリ随一と呼ばれる肉屋のユーゴ・デノワイエーが依頼したステーキ専用モデル“888”までも存在する「ペルスヴァル』のナイフ。この“9.47”と呼ぶテーブルナイフは、非常に評価され、不動の地位を確立しつつあります。

ペルソヴァルのカトラリー

途中で少し触れましたが、この“9.47”はラ・メゾン・クルティーヌの初代オーナーシェフ、イヴ・シャルルが、2007年に当時パリの一つ星レストラン、ラ・メゾン・クルティーヌを僕に任せ、パリとオーベルニュを行き来しながら、作り上げたこだわりのナイフなのです。それは親交の深いオーベルニュのワインの作り手ペイラーがレストランに来たおりに持っていた一本のナイフ「T–45」から始まりました。(その物語りはまたいつか改めて語りたいと思います。)

その後イヴはそのナイフ職人と意気投合し、理想のカトラリーを目指すことになります。そして、イヴとナイフ職人を引き合わせたペイラーの最高のワイン”9,47“の名をナイフにつけることで、ペイラーに対する感謝を表すこと(オマージュ)としました。こうして、食のスペシャリストといえる一つ星を持つシェフが手がける理想のカトラリーが誕生するのです。

イヴのこだわり。先にも話しましたが、それは、低温での焼き入れであったり、重さであったり、重心の位置であったり、素材に含まれる金属の配合バランスであったり、切れ味をよくする為のフォルムや手入れの仕方であったりしました。


そしてついには、デザインの一部であった艶をつけたり、消したりということを、きちんと理を持って、その2つの特徴から生まれる長所短所を活かし、カトラリーに艶のある部分と、消す部分をつけることに至っています。

僕は当時から、イヴが、レストランとは違うこの新しい事業に乗り出す展望や、思い、情熱を聞いてきたので、今日、日本のラ・メゾン・クルティーヌにおいて、イヴ・シャルルが手がける、このカトラリーを扱えることを、イヴとともに非常に充実した思いと満足感を持って、誇りとともにテーブルに並べております。

 

ナイフ
table knife

表示価格は全て税込みです。
【Perceval テーブルナイフ「9.47」(ヌフ・キャロントセット) 2本セット】knife_947_img
9.47 – 2 Table Knives
柄:合成繊維 (白、黒、赤、紫、薄青、
ラベンダー、薄緑)
20,000円
9.47 – 2 Table Knives – Nature
柄:木製(オリーブの木、黒壇)
35,000円
【Perceval テーブルナイフ「9.47」 6本セット】
9.47 – 6 Table Knives
柄:合成繊維 (白、黒、赤、紫、薄青、ラベンダー、薄緑)
52,000円
9.47 – 6 Table Knives – Nature柄:木製(オリーブの木、黒壇)
101,000円
9.47 — 6 Table Knives – Mixed Wood
柄:木製ミックス 6種類(スネークウッド、ユソウボク、オリーブ、
デザート・アイアンウッド、黒檀、縞黒檀)127,000円
knife_947_img2
【テーブルナイフ「9.47」 トリコロール 6本セット】
9.47 – 6 Table Knives Tricolore
柄:合成繊維 (ネイビーブルー、白、赤 各2本)
54,000円
【テーブル・ナイフ「9.47」 白 1本 + テーブル・フォーク 1本 セット】
9.47 – 1 knife + 1 Table Fork Set
16,000円
【888(ユイットュイットュイット)】サイズ:227×19×10.5mmknife_888_img
パリ14区、星付きシェフ御用達の精肉店“Regalez-vous(レガレ・ヴー)”のユーゴ・デノワイエとのコラボレーションによるデザイン。 「9.47」モルより直線的で鋭い刃先が特徴で、理想のステーキ・ナイフです。アラン・ミクリ モデルも。
888 – 6 Table Knives
テーブル・ナイフ「888」 6本セット
柄:合成繊維 (白、黒、赤)52,000円
【NOE (ノエ)】刃:107×19×2.4mm  ハンドル:109×19×14mmknife_lenoe_img
パリを拠点にアート&デザイン界で引っ張りだこのノエ・デュショーファー・ローランスによるデザイン。柔らかく、アンニュイな立体と曲線。
NOE – 6 Table Knives
テーブル・ナイフ「NOE」 6本セット 柄:合成繊維 (白) 75,000円
【L’ADRET(ラドレ)】刃:108×20×3mmknife_ladret_img
ナイフ名は『良い場所』を表す古いフランス語“ Adrecht”に由来し、現在では『山の南斜面』(=いつ も陽が当たる場所)を意味します。技術革新により、14C28Nという鋼材で 鋭い刃を実現しました。ハンドル部分は人間工学に基づいて設計された自然な輪郭で握りやすさを追求しています。モザイク柄の3つの釘付により、アール・デコ調に仕上がっている。
L’ADRET – 4 Table Knives
テーブル・ナイフ「ラドレ」 2本セット 柄:黒(グラスファイバー)、白(人工大理石)、茶(デザートアイアンウッド)、シルバー(カーボンファイバー) 106,000~187,000円

【Le Grand(ル・グラン)】 サイズ:259×19×10.5mmknife_legrand_img
オリジナルのデザインによる
Le Grand(ル・グラン)は、ペルスヴァルのノウハウを注ぎ込んだ、テーブル・ナイフのハイエンド・モデル。

細かな彫刻が施された刃、高級感あふれる素材。18世紀のエレガントなナイフを思わせるシルエットで、重厚なまいのナイフです。
Le Grand Table – Nature
ル・グラン 1本 柄:木製(ユソウボク、縞黒檀) 43,000円
Le Grand Table – Arizona Dessert Ironwood
ル・グラン 1本 柄:(デザート・アイアンウッド) 61,000円
Le Grand Table – Carbon Fiber
ル・グラン 1本 柄:(カーボンファイバー)82,000円
【Perceval 折りたたみナイフ Le Francais(ル・フランセ) 】knife_lefrancais_img
折りたたみナイフ 「Perceval」の原点。折りたたみナイフでありながら、テーブル・ナイフと同じ強度、使い勝手を実現しています。
Le Francais – Nature
ル・フランセ 折りたたみナイフ 1本 柄:木製(ネズ、黒壇、オリーブ) 革ケース付き 27,000円
Le Francais – Horn
ル・フランセ 折りたたみナイフ 1本 (柄:コブウシの角) 革ケース付き 34,000円
【CUTLERY (カトラリー)】knife_cutlery_img
Box of 6 Table Forks
テーブルフォーク6本セット 31,000円
Box of 6 Forks Pudding
前菜、デザートフォーク 6本セット 31,000円
Box of 6 Soup Spoons
スープスプーン 6本セット 30,000円
Box of 6 Table Spoons
テーブルスプーン 6本セット 30,000円
Box of 6 Tea Spoons
ティースプーン 6本セット 23,000円
Box of 6 Moka Spoon
デミタススプーン 6本セット 23,000円
【Perceval 折りたたみナイフ Le Francais スクリュー付き】knife_lefrancais_img2
Le Francais with Corkscrew – Nature
ル・フランセ 折りたたみナイフ
                                          スクリュー付き 1本
柄:木製(ネズ、黒壇、オリーブ)

革ケース付き    29,000円

クルティーヌ会員はペルスヴァルの購入の際、初回のみ送料無料と致します。

クルティーヌ会員へのお申し込みはこちらから

<お支払い方法>

お店にご来店頂くか、お振込にてお支払いをお願い致します。
(お振込先は ゆうちょ銀行、住信SBIネット銀行、三菱東京UFJ, 西武信金の中からお選び頂き、ご注文の際にお伝え致します。)
地方へのご発送も可能です。
ご注文、お問い合わせは  03-6276-9938  又は info@courtine.jp へ

ホームページへ戻る

——————————————–

ラ・メゾン・クルティーヌ

Tel:03-6276-9938

住所:〒166-0004 東京都杉並区阿佐ヶ谷南3-37-10
(JR阿佐ヶ谷駅南口より右へ駅舎に沿って 荻窪方面へ直進約1分。フランス国旗が目印です)

HP:http://www.courtine.jp

メール:info@courtine.jp

——————————————–

lp5u5dbl88ssu50kr65fm9mfhgj1lfvmn2inpfs0c51blokg209ju_450