月別アーカイブ: 2019年1月

ヴァレンタインシーズン限定オランジェット 今年は「スノー」も登場。

 

_20190206_123856

 

もうあっという間に2月。

甘い季節がやってきました!ヴァレンタインデー。
フランス語でいうと
La Saint-Valentin(ラ・サンヴァロンタン)。

毎年恒例のオランジェットですが、今年は雪化粧をしたような「スノー」を加えて、2種類ご用意しております。

まずは大きく分厚くカットしたオレンジスライスを丁寧に砂糖漬けにし、アマレットリキュールで周りについた余分なシロップを軽く落とします。(こうすることでチョコレートが綺麗にコーティングされます)
1.「ソワレ」
フランス語で『夕べ』という意味。
ペパデオーロという、ジャスミンやローズのフローラルブーケの香りを持つ、エクアドル北部の貴重な豆を100%使用したオーガニックチョコレートと、
滋養強壮の「マカ」(薬膳や漢方で使われる、多年生植物で、根を粉にして使います。)を使用しております。

ペパデオーロはカカオ80%。ここまでの高カカオでオランジェットを作るお店はなかなかありません。テンパリングにも技術を要します。

このビターなチョコレートに甘いオレンジ、ちょっぴりエキゾチックなマカの風味…
これぞ大人のオランジェット。

1549436495068

 

 

2.「スノー」
真っ白なホワイトチョコレートで雪化粧をしたような仕上がり。
ヴァローナ社のイヴォワールホワイトチョコに、フランボワーズ、ピスタチオで仕上げます。

イヴォワールの持つミルクとヴァニラの繊細な香りと優しい甘さ、フランボワーズの酸味、ピスタチオの香り。
オランジェットにとてもよく合います。

オランジェット

 

今年は可愛い手提げorハートの箱に入った詰め合わせもご用意。
_20190207_152451 _20190207_153736

 

 

 

 

E-shopまたは店頭でお買い求めいただけます。

 

クルティーヌの『オランジェット・ソワレ』は、オレンジのスライスをシロップで5回に分けて煮て、少しずつ甘く透明に仕上げ、アマレットリキュールで洗ったのち、コーティングするチョコレートにも強いこだわりを持って選び抜いた「ペパデオーロ(カカオ成分80%)」を、テンパリング技術を用いて作り上げております。

equateur-cabosse-cacao

ペパデオーロは、南アメリカ西部の赤道直下の国エクアドルのカカオ豆を使い、栽培からチョコレートへの製造までをオーガニック基準に基づいた素晴らしいノウハウを持つフランスのカオカ社で作られます。
エクアドルの中でも未だ古来種が数多く残る北部サンノゼエルタンボ地域のエクアドル・ナショナル種の中でも貴重な豆(「黄金の種」と呼ばれる)を100%使用しています。
equateur-ceuillette-cabosse-cacao-2               

ジャスミンやローズのような芳しいフローラルブーケの香りがトップから広がり、余韻にはやわらかなウッドチップとしっかりとしたカカオ感。穏やかな酸味と力強い苦味が特徴です。

その限られた原産地から集められたカカオ豆の持つ力強い風味と凝縮された芳香は、ペパデオーロの深みとなっています。

柔らかな果実の酸味もほのかに感じられる類い希な特徴を持つこの芳醇なチョコレートは、噛めば噛むほどにオレンジピールとの素晴らしいマリアージュとなって一時の口福を与えてくれます。

producteur-equateur    

クルティーヌでは、現地の生産者の方々に敬意を払いながら、一本一本手作業で作り上げております。

今のショコラティエで作られている多くのオランジェットは機械で作られているのが現状で、その方が見た目も効率も均一だからなのですが、小さなお店ではその機械分をお値段に上乗せされるのと、大きなお店ではオランジェットというだけで売れてしまうので食材にはこだわらないのが裏事情です。

当店のオランジェットは不格好です。
ですが、そこがまた味わいだと感じていただけると信じております。

最後に小さな秘密を公開。

”ソワレ”とは、「夕べ」、「夜会」を指したフランス語です。
このビターな、大人の味わいを持つオランジェットには、より複雑な味わいを求めてマカを忍ばせております。結果、チョコレートの持つ精力増強効果が通常のオランジェットよりも強く期待できるようになりました。
夜の大人の嗜みとして、ご利用ください。

『オランジェット・ソワレ』は大人の夜をスマートに楽しむ紳士淑女のためのオランジェットです。
一口ごとに、ゆったりと時間をかけて、香りを楽しみながらお召し上がりください。

 

※ 噛むほどに味わいが変化するこだわりのオランジェット2種。
地方への発送もしております。お気軽にご連絡ください。
お問い合わせは  03-6276-9938    info@courtine.jp

——————————————–

ラ・メゾン・クルティーヌ

Tel:03-6276-9938

住所:〒166-0004 東京都杉並区阿佐ヶ谷南3-37-10

HP:http://www.courtine.jp

——————————————–

 

新年明けましておめでとうございます。

新年明けましておめでとうございます。

昨年もたくさんの方々が「La Maison Courtine」にご来店くださり、クルティーヌも着実にレストランとしての道を歩んでいると実感の持てる年となりました。ご来店くださった皆様、本当に有難うございます。
スタッフ、生産者、そしてお客様皆様のお力添えにより、クルティーヌは年々魅力のあるレストランへと成長しております。

本年もお越しくださる皆様にとって、心地よく、楽しい時間を過ごせるレストランであるよう、日々を精進し、真摯を旨とする姿勢は変えず、たくさんのことに挑戦する年にもしたいと思います。

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

年始の営業は1月10日(木)のランチからとなります。
今朝は綺麗な初日の出でしたね。
皆様の充実した一年の始まりを物語る様子でした。どうぞ、無病息災で、素敵な年になりますようにお祈り申し上げます。

La Maison Courtine

善塔一幸

 

 

IMG_1058