おせち料理 2023  おせちは完売致しました。スイーツ重:残り5台

IMG_2382

 

昨今の主流は冷凍おせちですが、クルティーヌ は開店当初から一貫して「出来立て生おせち」。昨年のおせちが大好評でしたので、今年はほとんど内容は変えずにお届けします。
例年通り、お渡し前夜の徹夜の盛り付け中は冷房をかけながら、衛生面と食材の鮮度にこだわって年末の2日間に集中して全力で造り上げます。

当たり前を大切に、クルティーヌ の料理は、最良の食材を選び、防腐剤、発色剤、化学調味料、着色料は、すべて無添加。おせちも当然です。
今年も皆様の笑顔を思い浮かべながら、個数限定にして大手のおせちでは考えられないほどに手間をかけたおせちをご用意します。
厳選した食材が持つ本物の味をお楽しみください。
昨年は11月上旬に全て完売。
お早めにご注文ください。
おせち三段重                  ¥35,100 (¥32,500)         50台 
スイーツ重                           ¥8,640 (¥8,000)                   30台 残り5台
 三段重とスイーツ重のセット   ¥ 43,200 (¥40,000)    30台 
ご購入がお決まりの方は、お早めにご予約くださいませ。
下記をご記入ください。(reservation@courtine.jp

・おせち三段重とスイーツ重の台数、
・店頭受け取り、または、ご発送(その際は住所)
・お支払い方法(現金、または、お振込み)とその予定日時(お支払いが確認できましたらご予約が確定いたします。)
・氏名(ふりがなもお願いします。)、携帯電話番号
・昨年の重箱を再利用 する、しない。

お振込先はご注文いただいた際にお伝え致します。

お渡しは、12月31日10:00~15:00となります。(1月1日午前中着でヤマト運輸クール便にて発送(別途1900円)も可能です。)

fuk-40-46-2-3dan
当店では「サステナビリティ」を考え、おせち三段重は上の写真のプラスチック製でご用意させて頂きます。
来年もご注文頂けましたら、今回の三段重の重箱をお持ちいただくことで、「1,500円」引きさせていただきますので、どうぞ大切に保管してください。
昨年ご購入いただき保管してくださっている方はご注文の際にぜひお持ちください。
※サステナビリティ(sustainability)とは、直訳すると「持続可能性」であり、自然環境や人間社会などが長期にわたって機能やシステムを失わずに、良好な状態を維持させようとする考え方を指します。
こちらにも詳しく書かれています。
ポリスチレン製のよく駅弁などで使われる、使い捨てのものもございます。ご希望のお客様はご予約の際にお申し付けください。
07111332_62cba7c7cd3de
※スイーツ重は紙製の箱となります。

二〇二三年       おせち料理     (四名様分相当) 

お品書き

<一段目>

  • フランス産チーズのディップ
    ブリドモーで作るディップの底にレーズンアルマニャックを沈め、メルバトーストを添えて
  • 馬鈴薯・蛸・バジル・ピスタチオ
    バジルと蛸の旨みを吸収した北海道のインカのめざめ
  • オマール海老 ・ 唐墨マヨネーズ
    新鮮な活きオマール海老を一尾丸のまま百二十度の蒸気で瞬時に調理。
  • フォアグラとレンズ豆のテリーヌ
    フランス・ペリゴール産の鴨のフォアグラとポルト酒で煮たレンズ豆をマーブル模様に重ねたテリーヌ
  • ジビエのパテ・オン・クルート
    熟成近江牛、蝦夷鹿、猪、山鶉をフォアグラとともにパテに仕立て、パイ生地で包み焼いたクラシック料理
  • 真鯖の燻製
    青森産の真鯖。白バルサミコで和えた、ビーツとパースニップ、緑キャベツのジュリエンヌを添えて
  • 天然アワビ
    活けの天然の鮑を低温で2時間蒸しあげました。海老芋、枝豆、青梗菜を焦がしバターと鮑肝でソテーし、添えて。海の味わいをお楽しみいただけます

 

 

<二段目>

  • オマール海老のビスク
    海老の香りが鼻腔をくすぐる、濃厚なクリームスープ。
  • ソテー・ダニョー
    エポール・ダニョーと呼ばれる、仔羊の肩肉のスパイス煮込み。フランス時代、フランスで最も有名な肉屋の主人ユーゴ・デノワイエに毎回20kgの仔羊肉を渡され調理を頼まれていた思い出の料理。彼のお店、「レガレ・ヴー」で定番のお惣菜として販売され、パリジャンに喜ばれていた料理です
  • 天使の海老
    南太平洋の楽園、天国に一番近い島と呼ばれるニューカレドニアの汚れのない美しい安全な海水で一切の添加物(抗生物質、着色料など)を使わず100%自然食のみで育てられます。昼夜を問わぬ水質、水温や細菌検査など、徹底的な品質管理と、衛生的な加工処理を経て 厳選された品質の高さを維持しています。
    ハーブ、ニンニク、ショウガ、ピマントエスプレットの香りをほのかにつけた有頭海老をやわらかに茹であげて。
  • 縞鯵のポワレ トリュフソース
    三重県 尾鷲の届きたての脂ののった活〆縞鰺を焼き上げ、トリュフを加えたソースを添えます。
  • ランド産鴨肉のロースト
    鴨の名産地ランドの鴨胸肉。フォアグラを取るために丸々と太らせたマグレ鴨の分厚い胸肉です。皮面に大粒の塩の花を塗してローストし、仕上げに「ミエル・ド・マキ」と呼ばれるフランス産の特別な蜂蜜と、香草の魔術師と呼ばれた、伝説の三ツ星シェフ、マルク・ヴェイラ氏の調合を核にしたスパイスを塗して再度焼き上げます
  • 紫芋と栗と餅米
    栗を紫芋と餅米で包んで祝いのおはぎに仕立てました。三者三様の優しい甘みとそれぞれの香り。

 

<三段目>

  • 熊本 和牛ランプ肉のローストビーフ と 菜の花
    阿蘇地域の広大な草原(牧野)に放牧されています。
    餌は国産飼料100%、それもほぼ地元の米、小麦、大豆など。身質のしなやかさ、噛めば噛むほど
    赤身のしったりした旨味が湧いてきます・・・
    あえて熟成させず、技術「枯らし」を最低限のみに、ローストビーフでロゼに仕立て、ご用意いたします。

 

 

  • いくらと胡瓜とコラトゥーラのジュレ
    北海道のいくらを取り寄せて。たたき胡瓜とイタリアの魚醤コラトゥーラを合わせます。魚醤は紀元前七世紀のローマのガルムが僕にとって有名でしたが、紀元前十世紀の弥生時代にすでに日本で作られているというのは驚きでした。西洋風のおせちに仕上げるため、この料理に肝要な魚醤は西洋の香りのするコラトゥーラを用いています。ちなみに魚醤の起源は東南アジアのカンボジアだとみられているそう。
  • 大黒豆と胡桃
    丹波の大黒豆と胡桃のマリアージュ。黒豆は年始のお正月の縁起物として、「マメに働き、いつまでも若々しく」や、「今年も一年、マメな心配りを」、という願いを込めて召し上がることは皆様もご存知の通りですが、個人的に、立派な大きな黒豆→大黒豆→大黒様と、自動脳内変換される七福神がいて、どうしても毎年欠かせない黒豆様です。
  • キャビア一瓶(十八グラム)
    おせちは家族揃っての毎年のお食い初め。お正月ですし、世界三大珍味で、新たな一年を心華やかに彩りたいものです。キャビア、フォアグラ、トリュフが揃い踏み。
    今年はキャビアと一緒にぜひ召し上がっていただきたい、そば粉でつくったパンケーキ「ブリニ」と、北海道日高のおいしいバターも添えて。
  • ズワイ蟹のムース
    北海道のズワイ蟹をしっかり使った贅沢なムース。子供から大人まで楽しめる美味しさだと評判で、リクエストに応えて今年も再登場。
  • 信州サーモンのミキュイ
    ゼレス(バスクのシェリーヴィネガー)とオレガノを効かせた昆布を刻み、サーモンの上に皮に見立ててのせて、低温でゆっくり火を入れます。
  • 北海道産インカのひとみとトリュフ
    トリュフ料理といえばやはり。トリュフの香りをふんだんに閉じ込めたインカのひとみ(馬鈴薯)は 口福をお約束します。

 

 <スイーツ重 >   
幸せなおせちの余韻をより一層高めるスイーツ重。
9種類の自慢のスイーツの詰め合わせ。お正月だけの贅沢を是非お愉しみください。
今年のお薦めはマカロンガトーショコラ
クルティーヌ の甘すぎないデザートの数々。
ご購入いただいた方から毎年ご好評をいただいております。
台数はあまり作れないので、去年は早くに売り切れてしまいました。お早めにご検討ください。
サイズ 縦 15,5cm x 横 33cm x 高さ7cm
_20190128_101757
 写真は2020年のスイーツ重です。
ヴァローナ・ショコラとキャラメルのフォンダン 山椒の旋律
当店のフランス時代からのスペシャリテ。
ビスキュイ、キャラメルのジュレ、フランス・ヴァローナ社のグアナラショコラのムース、グアナラショコラのグラッサージュを4層に重ねたチョコレートのケーキ。山椒のアクセントがとてもよく合います。当店で一番人気のあるデザートをおせちでもお楽しみください。
モンブラン

フランス産の栗とクランベリーを使ったココット仕立てのモンブラン

・ガトー  ショコラ
フランスのバスク地方、ポーに住む、 “アニー”のガトーショコラ。
ロヴォル家の伝統のチョコレートケーキの甘さを控えて、ほんのりビターな仕立てにして。

檸檬のタルト
こちらはよくパティスリーで見かけるタルトですが、当店のレシピはフランスの二つ星で学んできた特別な逸品。個人的には今まで食べた檸檬のタルトで一番美味しいと思っております。
ピスタチオとフランボワーズのパウンドケーキ
 2種類のパウンドケーキを合わせて焼き上げるリッチなパウンドケーキ。女性に人気のピスタチオとフランボワーズなので、ご満足いただけること間違いなし。

 

フィナンシェとカヌレ・ド・ボルドー

ディナーコースの定番ミニャルディーズ(小菓子)。カヌレには特に力を入れております。
両方ともトースターで30秒ほど焦げない程度に焼いて香りを引き出すと一段上の味わいに。カヌレは表面を熱々にすると柔らかくなり、扇いで少し冷ますと、表面はカリッと、中心部はしっとりもっちりに仕上がり、それこそがカヌレの魅力。

・レーズンサンド
昨年の周年ボックスの際に大変ご好評いただいたクルティーヌのレーズンサンド。自家製のレーズンアルマニャックと、ホワイトラムをほんのり効かせたクリームとの相乗。
上品ですがしっかり美味しい、自慢のお菓子。

カシスのマカロン & 抹茶とパッションフルーツのマカロン
今年からディナーコースのミニャルディーズに登場してご好評いただいているマカロン。
巷に溢れる香料と着色料使用のカラフルなマカロンとは一線を画す、ナチュラルな色合いと味わいを大切にした優しいマカロン。

 

クルティーヌ のおせちはどこで食べても、誰と食べても、笑顔になること間違いなしです。毎年少しずつ進化しているほんのちょっと他よりお得なおせち。手間と時間とコストをかけて一つ一つ丁寧に作りあげます。今年もお早めに、是非ご検討ください。