白トリュフ入荷しました。

イタリアの有名な産地アルバから、白トリュフが入荷しております。

DSC_0796

白トリュフのシーズンが始まりました。今頃から12月くらいまでがその旬です。
黒トリュフよりも断然高い価格で取引されます。毎年オークションも開かれるほどで、2015年にはイタリア・アルバ地方のオークションで、900グラムの白トリュフが10万ユーロ(当時約1,320万円)で落札されたそうです。

黒トリュフと比べて強い香りと柔らかな歯ごたえを持つのが特徴で、世界中の美食家が旬の季節を心待ちにする食材。生で食べるのが一番美味しく、リゾットやパスタなどの上に薄くスライスしてかけるのが定番となっています。

クルティーヌでは、ご自分でトリュフを剃ることもできます。もちろんお相手にしてあげてもいいですし、好きなだけ白トリュフを掛けていいよとプレゼントするのもとても思い出に残る演出になります。見ていると、皆様、結構掛けたつもりでも、意外に2gくらいだったりするので、無茶そうでいて、意外と無茶ではない贈り物になっております。ぜひプレゼントとして活用してみてください。
白トリュフを扱うのはかなり勇気がいりますので、いつもあるわけではありません。お時間がございましたら、是非、ご来店くださいませ。

 

食欲の秋。今、クルティーヌはたくさんの種類のお料理をご用意しております。その料理に白トリュフをスライス(薄くスライスすれば1gでも結構とれます。1gで1000円)合わせてもいいですし、本日から白トリュフと菊芋とマスカルポーネのリゾットもご用意しております。

新しいスペシャリテコースhttp://www.courtine.jp/menu.htmlの「フォアグラと洋梨のミルフィーユ」や、「長期熟成近江牛 ブルーチーズソース」にふんだんに白トリュフをスライスするのもおすすめ。

ご予約、お待ちしております。