”クルティーパン”(自家製パン)の販売を始めます!

ずーっとリクエストをいただいていた自家製パンのテイクアウト。やっとスタートする準備が整いました。
(リクエストをくださっていた皆さま、大変長らくお待たせしました。どうぞよろしくお願いします。)
 
当店のディナーでのみご提供している自家製パンを、ご予約により、ご用意させていただきます。
基本的に、ディナーに合わせて焼き上げますので、17:30の焼きあがりとなります。ですので、17:30以降のお引き渡しとなります。当日にお買い求めの場合は、12:00(正午)までにお電話(03-6276-9938)にてご予約いただければご用意できます。(賞味期限は翌日の正午までとなります。)

クルティーパン              1個  80円(税込)

クルティーパン   ” ねじれ “  1個  300円(税込)

 

IMG_1009

クルティーパンは当店でディナーにのみ提供している、天然酵母を使った自家製パンです。朝8:30にパンを捏ねて、ゆっくりとナチュラルに1次発酵、2次発酵を済ませ、やっと17:30に焼きあがるという、1日がかりで作るパンです。もちろん保存料や着色料などの添加物を一切使用していません。クルティーパン ” ねじれ ” は、生地を4個分使い、テイクアウト用のクルティーパンとしてご用意致しました。

クルティーパンは小さなボール型のパンで、食べきりタイプ。必要な分だけオーブントースターなどで温めて食べきることができます。1個から購入できるのも魅力的。

クルティーパン ” ねじれ ” は、クルティーパンを4倍に大きくして、捻りを加えて形作っています。
捻りを加えることでパンの周りのクルート(焼き付け色付けた香ばしい部分)の面積を増やしています。このしっかりとしたクルートには、次の日にも旨味を失わないようにとの思い入れもあります。

そして、もともとしっとりした仕上がりのクルティーパンですが、クルティーパン ” ねじれ ” の、より効果的に水分を守るフォルムと、大きさは、次の日の朝にも、水分を失わず、よりおいしくお召し上がりいただくためのこだわりでもあります。
スライスし、トーストしてバターを塗って、中のもっちり感と焼いた表面の香ばしさと、トーストの熱によるフレッシュなバターの香りの相乗効果をお楽しみください。
クルティーパンは、バターの香りに照準を合わせ、小麦粉のメイラード反応と、230℃以上の高温で焼くことによるカラメル反応の甘みを丁寧にコントロールして、パンとバターとの格別なマリアージュを引き出しています。

友人を招いた夜などの少し贅沢な夕食には、やはり美味しいパンが必須です。食事の満足感がガラリと変わることでしょう。

お子様にも大変人気のあるこのクルティーパン。清々しい朝に、特別な日の朝にも、ぜひ、このクルティーパンで、元気に、充実した食卓から一日をスタートさせてあげてください。

IMG_8924IMG_8927IMG_8929

 

阿佐ケ谷のフレンチレストラン「ラ・メゾン・クルティーヌ」
Restaurant La Maison Courtine
Address : YS Disendantsu 1F, 3-37-10 Asagaya-minami Suginami-ku Tokyo
Tel : +81-(0)3-6276-9938
Closed : every second Wednesday, Thursday
Hours : Lunch 11:30a.m – 3:00p.m (L.O. 1:30p.m.)
Dinner 6:00p.m. – 11:00p.m. (L.O. 9:00p.m.)

2min. walk from JR Asagaya station south exit . Please turm right at the exit and walk along the railway track.
(緑の窓口横のダイヤ街通路をまっすぐ、突き当たりの道路を左折してすぐ。 約2分)

<クルティーヌの食材(縁の下の力持ち)>


胡椒
胡椒続き

マカイバリ茶園

クルティーヌに来てくれたフランスの友人達

ウイリアム・ベルネー
ユーゴ・デノワイエー

ユーゴの肉

※ クルティーヌブログの更新は毎回クルティーヌのツイッター(https://twitter.com/maison_courtine)にて御知らせ致します。

——————————————–

ラ・メゾン・クルティーヌ

Tel:03-6276-9938

住所:〒166-0004 東京都杉並区阿佐ヶ谷南3-37-10 YSディセンダンツビル 1F

HP:http://www.courtine.jp

——————————————–

 _DSC9819